海外ご遺体搬送 | ご遺体搬送のイフケア北九州

海外ご遺体搬送

もしも…、アナタと関わりのある訪日外国人が急死されたとしたら…?

当社は、遺体搬送の専門業者として平成15年に創業し、年間約1,600件の遺体搬送に関わっております。
近年、日本における外国人労働者の業務中の事故死、外国人観光客の突然の死亡等の場面にも遭遇してきました。日本で亡くなられた外国人の母国への遺体搬送手続き対応は容易ではありません。
当社では、これまで培ってきた経験と実績で外国人の遺体搬送の特殊で複雑な手続きを代行いたします。

海外への遺体搬送は特殊で複雑な手続きが必要です。

ご遺体の海外への搬送・輸送に必要とされる書類(手続き)

  • □ 死亡診断書(死亡検案書)
  • □ 死亡者のパスポート
  • □ 納棺証明書
  • □ 防腐証明書(エンバーミング宣誓供述書)
  • □ 梱包証明書
  • □ 非感染証明書
  • □ 爆発物証明書
  • □ 荷受人の決定(遺族の方、もしくは現地の葬儀社)

※上記書類の英訳もしくは死亡者の母国語への翻訳などが必要とされます。

概算費用

  • ●アジア地域(台湾・韓国・フィリピン 等) 100万円~
  • ●オーストラリア・ニュージーランド/ロシア(極東地域)等 150万円~
  • ●アフリカ・中南米 180万円~

上記料金は、寝台車の距離・発送までの日数・ご遺体の状態や体重・燃油サーチャージ等による貨物運賃の変動や搬送距離による運賃変動・遺体の保管日数により料金変動がございます。また、書類手続きに関しても、パスポートの紛失・失効・大使館や自治体への書類取得等に必要な出張により料金変動がございます。

エンバーミング措置/約30万円(出張費別) 
国内搬送 死亡場所〜保管場所までの搬送/3万円~(距離により変動します。) 
納棺・保管/約10万円~(出国までの保管期間により変動します。) 
書類・翻訳などの手続き/約20万円~(出張費別)
フライト手配・搬入作業/10万円~(仕向け先により変動します。)

日本から海外への遺体搬送手続きの流れ

ご逝去から、発送までに要する期間は、概ね10日~14日程度。国際輸送のため、感染等に関する規定により、内側が金属の海外空輸棺で行う必要があります。海外空輸棺の中に、通常の棺を納め、梱包を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら
24時間365日 相談無料受付
mail_outline お問い合わせ・ご相談
smartphone オンライン
お問い合わせ・ご相談